情報共有しやすいグループウェアの選び方

subpage01

企業が会議をしたり、決済をしたりする時に、グループウェアがありますと効率的に物事を進めていく事が出来ます。


また、グループウェアでは、様々な情報交換を行う為の機能、データやファイルを共有する機能などが搭載されており、一つのソフトウェアだけで多くの機能を活用する事が可能となっています。

情報共有を行う機能としては、BBS機能とSNS機能と電子メール機能が使えるでしょう。



電子メールは、普段業務で使われる事が多く、取引先や顧客からの問い合わせに使う事もよくあります。

従業員同士で連絡を取るのにも使え、使い方は一般的な電子メールクライアントやWebメールサービスと同じです。



BBS機能は、電子掲示板をグループウェアで使える物であり、一つのスレッドを一つの話題でカテゴリー分けする事で、ネット上で議論を展開していく事が出来るようになります。
SNS機能は、近年使われているソーシャルネットワーキングシステムを使える物であり、SNS専用サービスと比較しても社内でのやり取りであれば、十分に機能する作りになっています。



議論をしたい場合には、会議システムを使うといった方法もあり、誰かが出張で地方や海外に行っている時に会議をしたいという時に役立ちます。
グループウェアは、サービスを提供している企業によって機能や性能が異なってきますので、企業が使いたい機能を持っているサービスを選択する事が重要になってきます。

高性能な機能を持っている事によって、多くの従業員間で情報のやり取りや共有がしやすい環境を構築する事が出来ます。