Webブラウザを使ったグループウェアの選択

subpage01

企業にとって、業務を効率的に進めていく為には、グループウェアなどを使っていくのが効果的です。

グループウェアは、電子メール機能やBBS機能、スケジュール管理やワークフロー管理などの機能を統合したソフトウェアです。
その為、グループウェアを導入するだけで、他のソフトウェアを必要とせずに業務で活用する事が出来るようになります。

このソフトウェアを使う場合、パッケージ製品をサーバやパソコンにインストールして使う方法と、クラウドサービスとして提供されている物を使う方法があり、これらのいずれかの方法を選択する事で導入する事が出来ます。Webブラウザをクライアントとして使いたい場合には、クラウドサービスを利用した方が利便性が高いです。クラウドサービスとしてのグループウェアも、パッケージ製品と同様の機能が搭載されていますので、特に難しい事を考えずに導入して使えます。有料サービスと無料サービスがありますが、いずれもアカウントの取得が必要になってきます。



使う人数分のアカウントが必要になりますので、法人サービスとして提供している業者のサービスを使っていけば良いでしょう。



スケジュール管理やワークフロー管理は、企業が業務を円滑に遂行していく為に役立つ機能です。



常に使う事になりますので、Webブラウザからアクセスしても、使いやすいインターフェースを提供しているサービスを選ぶ事で操作性の向上が期待でき、スマートフォンやタブレットからでも確認作業や決済を行う事が可能になります。