組織内の情報共有手段「グループウェア」

subpage01

グループウェアとは、組織に属する複数のメンバーの情報を共有するシステムです。
システムはサーバ上で構築され、各ユーザが端末からシステムにアクセスすることで情報の共有、参照を行います。
共有する情報や使用できる機能はグループウェアにより異なりますが、多くは以下の機能を有しています。

・電子メール電子メールの送受信を行うことができます。
・電子掲示板電子掲示板に書き込むことで、あるテーマについて議論したり、メッセージのやり取りを行うことができます。


メッセージのやり取りについて電子メールと違うのは、当事者だけでなく、複数のメンバーが参加できるということです。


・回覧複数のメンバーに対して情報を発信することができます。


多くのグループウェアでは、メンバーが回覧を閲覧したのかどうかわかる機能や、回覧内容に対してコメントする機能がありますので、例えば、社内イベント開催のお知らせなどに活用することができます。
・ドキュメント管理仕様書や設計書などの技術資料や、社内提出資料の雛形等の書類を共有することができます。・設備予約社内で共有している会議室や、機器等の使用、予約状況を確認したり、予約状況を管理したりすることができます。



多くのグループウェアではスケジュール機能と関連して使用することができます。



・スケジュール管理メンバーのスケジュールを管理、共有することができます。
自身のスケジュールだけでなく、他のメンバーのスケジュールも管理できます。

・メモ簡単なメモを作成し、サーバ上に保存しておくことができます。


グループウェアを使用する一番のメリットは、サーバ上にシステムが構築されているため、ネットに接続できる環境があれば、いつでも、どこからでもメンバーの情報を知ることができる、ということです。

リクナビNEXT JOURNALに関するサポートサイトはここです。