グループウェアの利点

subpage1

グループウェアは社内での情報共有の一貫で利用されていることが多いですが、企業によってはさまざまな利点がさらにあります。



1つめは自社内の基盤システムとの連動による経費や時間削減効果です。

グループウェアには情報発信能力がありますが、情報を入寮する際に基盤システムにも同時に入るようにすることで手間を減らし、また、企業側にとっても情報を整理することができます。
グループウェアの多くは他のシステムとの連携モジュールを持っていることが多く、活用されるケースが増えています。



2つ目は社員同士のコミュニケーションです。

企業内で利用するSNSでもありますので、出張先でのことや、相手企業のことを定型的にまとめる以外にも個人の感想等をまとめることで利用出来る情報が格段にアップします。

livedoorニュース情報といえばこちらです。

SNSのように写真を追加したり、技術開発部門などのように開発中の商品についても感想をアンケートで聞くなど、従来の基盤システムでは難しかった社員の気持ちについてもグループウェアではまとめることができます。また、公開範囲を細かく設定できますので社外へ伝わらないようにしたり、社内でも情報を厳しく管理することができますので部署ごとの情報管理ツールとしても役にたちます。

グループウェアはカレンダーや会議室予約など、狭い範囲での利用にととどまっている企業が多いですが、利用範囲を独自に広げる努力をする企業が増えており、開発者が思いもつかなかった使われ方をするようになってきています。

テクノロジーの常識

subpage2

企業では、業務を効率良く行う為に、多彩なコンピューターソフトウェアを使う事があります。これらは、ネットワークで連携していたり、データベースを使ってデータの取り扱いをスムーズに行なったりしていますが、より業務効率を高めていくには、データや情報を共有する仕組みが必要となっています。...

next

納得の知識

subpage3

グループウェアとは、組織に属する複数のメンバーの情報を共有するシステムです。システムはサーバ上で構築され、各ユーザが端末からシステムにアクセスすることで情報の共有、参照を行います。...

next

ためになる情報

subpage4

企業にとって、業務を効率的に進めていく為には、グループウェアなどを使っていくのが効果的です。グループウェアは、電子メール機能やBBS機能、スケジュール管理やワークフロー管理などの機能を統合したソフトウェアです。...

next

知りたい技術事情

subpage5

企業が会議をしたり、決済をしたりする時に、グループウェアがありますと効率的に物事を進めていく事が出来ます。また、グループウェアでは、様々な情報交換を行う為の機能、データやファイルを共有する機能などが搭載されており、一つのソフトウェアだけで多くの機能を活用する事が可能となっています。...

next